クラブマガジン
2017/06/30

ライスフォースは、香川県生まれのお米の化粧品です。

70 view
2
クリップ

こんにちは、おとな肌クラブスタッフです。

本日は、ライスフォースがどんなところで作られているのか、みなさまにご紹介したいと思います。

 

ライスフォースは、四国の香川県生まれだとご存じですか?実は、「ライスフォースってどこで作られているの?」と知らない方も多いと思います。

そこで、今回はライスフォースを販売している、株式会社アイムの周辺をご紹介したいと思います。

株式会社アイムは、自然豊かな香川県高松市南部、高松空港近くにあります。

 

ひときわ目をひく、ライスフォースの大きな看板が目印です。
ここから商品の発送も行っています。

 

周辺では、田植えが終わってひと段落したところです。
秋には稲穂で一面金色で埋め尽くされます。

 

田畑や山に囲まれたのどかな風景が広がっています。写っているのは、ローカル電車の「コトデン」。

 

会社近く、高松空港に向かう途中には牧場があり、新鮮な牛乳を使った「ロイヤルファーム アカマツ」直営のジェラートはスタッフも足しげく通うほど絶品です。

 

工場では、白米に麹菌・酵母・乳酸菌を加えて、じっくり90日間かけて発酵・熟成させて「ライスパワーエキス」を作っています。

 

時間をかけてようやく完成した商品をひとつひとつチェックして、みなさまの元へ大切にお届けします。

 

もし高松空港に行く機会がありましたら、ライスフォースの看板やジェラートやさんなど探してみてくださいね♪

2件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください